teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


【野田村支援P野田村、災害危険区域を設定 住宅の建築を制限

 投稿者:増田  投稿日:2012年 5月31日(木)01時25分36秒
返信・引用
  災害危険区域についての、野田村での記事です。
お隣は危険区域でも、こちらは違うなどということになります。
難しい問題です。

岩手日報2012/5/27
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野田村は26日、村中心部で災害危険区域に指定する範囲を示した。東日本大震災の津波浸水深が6メートル程度の区域より海側を広く指定し、住宅などの建築を制限。再び低地に居住することを防ぎ、恒久的な防災対策を図る。一方、同区域の指定の有無で住宅再建に関する制度が大きく異なるため、境界近くに住む村民には戸惑いも残る。今後、村には一層きめ細かな対応が求められそうだ。

 災害危険区域は、城内地区などの地権者らを対象に村役場で開いた復興事業に関わる説明会で示した。指定するのは新山、城内、泉沢、南浜、米田地区で、約190世帯が対象となる。住宅がなかった海岸付近や漁港なども区域に含めた。

 同区域内は住宅の建設を制限し、国道45号と盛り土で整備する第3堤防の間は都市公園事業を導入。子どもを含めた住民の意見をワークショップなどで集約し、津波の緩衝地帯やにぎわい機能を持つ公園として整備する方針を示した。

 今後、災害危険区域に指定された地域には防災集落移転事業が導入され、住宅再建は高台移転が中心となる。一方、指定されなかった地域は土地区画整理事業などが導入され、住宅の自力再建は元の土地への再居住が基本になる。しかし、中には高台移転による自宅の再建を希望する村民もおり、今後調整が求められそうだ。

 
 

【野田村支援P】【野田】復興音楽祭始まる プロの音楽家が演奏

 投稿者:増田  投稿日:2012年 5月19日(土)17時15分4秒
返信・引用
  岩手三陸復興音楽祭の記事です。初日は野田村で開催されました。

岩手日報 2012/5/19
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽で東日本大震災からの復興を後押しする岩手三陸復興音楽祭(同実行委主催)は18日始まり、県北沿岸各地でプロの音楽家2組が熱気あふれる演奏を披露している。

 同日は野田村の野田中(藤岡宏章校長、生徒131人)で、谷川賢作さんと続木力さんのユニット「パリャーソ」の音楽会を開催。生徒や村民らが谷川さんの躍動感いっぱいのピアノと続木さんの哀愁漂うハーモニカの音色に聞き入った。女子生徒(1年)は「表情にすごく心がこもっていた」と感心していた。

 岩泉町の小本中でもフラメンコギターとパーカッションのユニット「ドンアルマス」の演奏会が開かれた。

 同祭は20日まで。19日は三陸鉄道に乗りながら音楽を楽しむ列車を運行。三鉄久慈駅を午前9時20分、同宮古駅を午前9時40分、同普代駅を午後0時20分に出発する。先着40人。

 20日は午前10時から久慈市文化会館アンバーホールで両ユニットの演奏会を開く。いずれも入場無料。

 

【野田村支援P】バスに思い込め、絵と言葉添える 神姫バス、被災地へ贈る

 投稿者:増田  投稿日:2012年 5月16日(水)14時30分55秒
返信・引用
  5月13日に、野田村にて行われた活動でご一緒させていただいた神姫バス様の記事です。
様々な立場の方々が、様々な形で支援に取り組まれていますが、バス会社ならではの支援の形を見せていただきました。

朝日新聞 2012/5/12
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東日本大震災の復興を支援しようと、神姫バス(本社・姫路市)は11日、仙台市の宮城交通に贈るバス1台を現地に出発させた。車内には、復興にエールを送る一般公募の絵約40点を掲示。バスと一緒に宮城交通へ贈り、別便で同様の絵約50点を岩手県野田村に渡す。
 絵は「バスから想(おも)いを届けよう~東日本大震災・被災地へ送る絵の募集~」と題して市民らから募った。図柄は手をつなぐ子どもたちなど様々で「いっしょにがんばりましょう」「心はつながってるよ」などとメッセージを添えた。「被災地の足として頑張るバスから温かさをさらに発信したい」と神姫バス企画課。
 バスと絵は今週末に現地に到着し、宮城交通は「バスは石巻市の路線で使うよう検討している。絵は車内や営業所などで展示したい」と歓迎している。

 

【野田村支援P】野田村、除塩完了へ 2年ぶり作付け可能に

 投稿者:増田  投稿日:2012年 5月14日(月)17時51分43秒
返信・引用
  うれしいニュースです。
田植えについてですが、すずらんは参加しませんが、
他のボランティア団体様が参加されるそうです。

岩手日報 2012/5/13
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野田村で、東日本大震災による津波で浸水した水田への除塩が今月下旬にも完了し、2年ぶりの作付けが可能となる。水田の被害面積約44ヘクタールのうち、自力復旧などを除き、約35ヘクタールが県の事業で復旧する。水田は除塩が終わり次第各農家に引き渡され、例年より10日ほど遅れの今月下旬から来月上旬にかけて田植えが始まりそうだ。

 県北広域振興局農村整備室によると、本格的な復旧工事は昨年10月ごろから実施。農地のがれきや堆積物を除去して水路や農道を復旧した。細かいがれきが含まれている表土を取り除き、洋野町から持ち込んだ耕土計1300立方メートルを入れた。

 除塩事業が行われている農地は、長地(約16ヘクタール)、泉沢(約7ヘクタール)、米田(約5ヘクタール)の3地区で計約28ヘクタール。農家約120戸が該当する。

 昨年秋の土壌調査では、塩分濃度が0・11~0・34%で、いずれも基準値の0・1%以上だったが、今年4月に各地区の「基準水田」で湛水(たんすい)後に計測したところ、ほとんどが基準値を下回った。

 現在、それぞれの水田で湛水による除塩を行っており、基準値を下回り次第、農地は各農家に引き渡される。
 

【野田村支援P】盛岡の原木シイタケも基準値超え 県が出荷自粛要請

 投稿者:増田  投稿日:2012年 5月10日(木)12時05分52秒
返信・引用
  非常に残念です。

岩手日報 2012/5/10
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
県は9日、盛岡市など7市町の原木生シイタケ(露地栽培)15検体から国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、同市に出荷自粛を要請したと発表した。同市以外の6市町は既に国の出荷停止を受けている。
 検査は、4月25日~5月7日に採取できた13市町の露地栽培原木生シイタケ生産者50戸分を実施。15検体から基準を超える110ベクレル~630ベクレルが検出された。
 出荷自粛要請を受けた盛岡市の生産者は、基準値を超過していない農家も含めて全12戸が、近く国の出荷停止を受ける。
 

レンタル掲示板
/10