teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)12/02/12(日)19:18
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ありがとうございます

 投稿者:万砂子  投稿日:2015年 8月23日(日)16時30分8秒
返信・引用
  この度は、IDとパスワードをありがとうございました。
大神神社で神様の存在を感じて以来、「何かある」と思って調べてきました。

これから読ませていただきます。
楽しみです~~。
 
 

探訪記、読めて嬉しいです(^^)/

 投稿者:*のの*  投稿日:2014年 8月27日(水)10時02分12秒
返信・引用
  passなし公開でも読ませていただきましたが、(なぜか)開けなかった一部の記事も、今ではきちんと読めますw

黒ミソも好きですけど、清濁ありの神社巡りの写真付きのリアルさの迫力…凄いです。
桐生さんの文章も読みやすくて、描写詳しくて好きです。(*^^*)
なので、いつか続きというか…温存探訪記執筆の気が向いて欲しいなぁと我儘を願いつつ。

夜の三輪山の光ってるご神木と、滝修行場の如来様と、壁の上の御簾×2と白い花の写真が印象に残ってます♪
…というか好きな写真です(??´? ? `?)????
 

ありがとうございます

 投稿者:きは  投稿日:2013年11月22日(金)13時53分54秒
返信・引用
  IDとPSありがとうございます。
早速、拝見させていただいております。

慎さんの小説を読み進めているような、不思議な感覚になりながら、読んでおります。
やっぱり、皆様おすごい。

原作を読んだ後に映画を見るような感覚もあり(この場合、逆でしょうが、この中にかけないことが、小説の方にある気がして)、映像感が増します。

訪ねさせていただいた時には、毎回記帳した方がよろしいですか?

一気に読んでしまうと、楽しみが無くなってしまうので、ゆっくり何回にもわたって、読んでいきたいです!


いつも知らない世界を見せていただき、ありがとうございます!!
 

感想

 投稿者:くう  投稿日:2013年10月 5日(土)21時33分48秒
返信・引用
  久し振りの旅行記を読ませていただき、今更ながら京都は知識、奈良は実践の言葉が思い浮かびました。遠方からではありますが、必ず訪問したいと思います。  

Re: お初です

 投稿者:  投稿日:2013年 6月10日(月)19時46分24秒
返信・引用
  ITOさんへのお返事です。

こんばんは。
気軽にお楽しみ下さい。
 

お初です

 投稿者:ITO  投稿日:2013年 6月 8日(土)11時46分48秒
返信・引用
  こんにちは。
こちらの入場の許可、ありがとうございました。
折をみて、うかがわせていただきます。
 

ありがとうございました

 投稿者:りく  投稿日:2012年11月14日(水)16時14分24秒
返信・引用 編集済
  おかげさまでまたここへ来ることが出来ました。
読み返してみると、もう15年も前のことも載っていたんですね。
ひとりで読んでいるとホラーではないのにぞくぞくしてくるんですが
こういうお話に免疫がないからですかね。

ちなみに数年前にこの旅行記に触れてから、神社にお参りする時の心もちが変わりました。
引っ越した時にはその土地の氏神様にお参りしておこう、など以前だったら思いつかなかったかと思います。
近くには伊射奈岐神社という同じ名前の神社が二つあり、どちらへ行こうかとちょっと迷いましたが。

http://

 

お返事感謝です

 投稿者:Kamei  投稿日:2012年10月 9日(火)00時06分56秒
返信・引用
  慎さん、お返事ありがとうございます。
こちらが癒しになる一番の原因は、慎さんの文章の綺麗さです。
なぜか清流が流れる如くに読み進んで、読み終えたころには癒されているのです。

> kameiさんのお住まいがどちらか存じませんが。
以前、こちらを頻繁に訪れていた頃は、葛城に住んでいました。
今は、こちらに出て来た舞台では最も近いのが交野になり、枚方の楠葉というところです。
もう少し、早くお話ができていたら、
もしかすると私も三輪ツアーに参加できたかもしれませんね。

本当は昼間に訪れた方が良いとわかっているのですが
なぜか呼ばれたような気がして、訪れるのがいつも夜になります。
良く参る定番は、下記の6社で週に何度も呼ばれることがありました。

・大池神社(京滋パイパス開始地点付近の巨椋池の池の神?)
・岡田国神社(京都と奈良の県境、木津駅の近く)
・猿丸神社(猿丸太夫がご祭神の宇治田原の山奥)
・佐久奈土神社(厳密には現在の境内ではなく、現在の場所に移る前にあった場所)
・諏訪神社(伊賀焼の産地、丸柱、信楽の山奥)
・白髭神社(琵琶湖北西高島市)
※後者2社は遠方のためかなり辛いです。。。

一時はあまりに夜が多いので心配になっていたくらいです。
私には何が良いか危険かは頭では察知はできませんが、
参った後に、清い心の自分がいたので良いのだなと勝手に思っていました。

逆に呼ばれもせずに夜に勝手に参ろうとすると、
その時は同じ場所とは思えずに怖くて入ることもできません。

三輪はとても夜行くなど及びもしないことでした。
こちらを拝見してからも、自分で考えても、とても無理だと思っていました。

ところが、あるとき、知人の葬式に行ってから、やたらと腹が減り、
吐いて戻しそうになるまで食べてしまうという状態になったときがありました。
これは何日も続き、もう食べるのが怖くなるほどでした。

そんなとき、急に閃いて、三輪を訪れたのが夜中の12時、
足がどんどん進んで、本殿と狭井神社を参りました。
それから変な過食はぴたりとなくなりました。

ちょうど二の鳥居をくぐる際に、数名の人とすれ違ったのですが、
耳に「あの人大丈夫?危なくない?」「いやあの人は呼ばれてるから問題ない」
と話しているのが聞こえたのが印象的でした。

その後も2回だけ閃いて夜中に参りました。
夜中の12時~3時の間なのですが、やたらとそのような時には、
何人もの人とすれ違うのが不思議ですが、生きた人なんでしょうか。。。

夜参りはそのように閃いたときだけで、自分の我で参ろうとすると、
鳥居の前で信じられないような恐怖に駆られますので、
我では決して夜には参っておりません。

> 蜘蛛の糸の様なものが絡みつく時は
最後にこちらで出てくる、このようなものを発する存在は何なのでしょうか?
たまに眷属といったような表現をされていますが。。。唐突な質問恐れ入ります。

こちらが閉鎖になってしまうときは、それもまたご縁でしょうが、
こちらと巡り合えたことで人生が大きく変わったのは間違いありません。
何よりもこの素晴らしいご縁に感謝いたします。

長くなりましたが、今後ともよろしくお願いいたします。
 

Re: こんにちは

 投稿者:  投稿日:2012年10月 7日(日)11時34分49秒
返信・引用
  > No.9[元記事へ]

yamanakaさん、ご来場ありがとうございます。
お楽しみ頂ければ幸いです。

> 慎様、ご近所さんですね。

 そう言えば何時でも会える距離ですね。
 一度、お茶でもしましょうか?
 その気があれば、メールを下さい。

> これからもよろしくお願い申し上げます。

 こちらこそよろしくお願いいたします。
 

こんにちは

 投稿者:yamanaka  投稿日:2012年10月 5日(金)11時58分43秒
返信・引用
  この度は入場許可を有難うございました。
慎様、ご近所さんですね。
これからもよろしくお願い申し上げます。
 

レンタル掲示板
/2